コンテンツへスキップ

BSLはプロジェクトの成功をPMOで実現します

PMOとは

PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)

プロジェクトマネジメントオフィス(PMO)とは
管轄するプロジェクトを集中的にまとめて調整するマネジメント活動の、 さまざまな責任が割り当てられた組織体です。
PMOの責任は、プロジェクトマネジメントを支援することからプロジェクトを直接 マネジメントするまでの広範囲にわたります。

役割も事務局や、プロジェクトマネージャーとプロジェクトオーナーとの間に立つPMOまで幅広いです。またプロジェクトを円滑に進め、成功に導くプロフェッショナルとしての立場でもあります。

プロジェクトマネジメントの世界で標準となりつつあるPMBOKでは、建築系の管理からスタートしていますが、日本ではITの開発プロジェクトの管理が多いです。
PMOは一つのプロジェクトだけではなく、新規開発のプロジェクトや保守系のプロジェクトを複数管理する場合もあります。

PMOに求められる能力としては、知識や経験はもちろんの事ですが「コミュニケーション能力」も欠かせません。
ベンダーコントロールやベンダーの横串管理、情報連携、情報収集能力などコミュニケーション能力の重要性は高まっています。また近年では、働き方改革により効率化も重視されており、プロジェクト管理ツールの活用やExcelを自動化するVBA、定型作業をロボットで自動化するRPAを活用できるPMOのニーズなども高まっています。

開発系のプロジェクトではSEの経験者がPMOになることが多いですが、コミュニケーション能力の問題で推進力が無く、年齢層も高く、フットワークに欠けているなどの要因で、行動に移すことなく終わってしまうケースが後を絶ちません。

プロジェクトマネージャの経験不足や高齢化により、プロジェクトの管理推進力が弱まる中、「若くてフットワークのあるPMO」に期待が高まっています。その為、量より質が問われる時代になってきています。

PMOの役割・立ち位置

PMOはプロジェクトを常に間接的に支え、支援を行います。 ときにはPMの教育までを支援する事も必要であり、支援も広範囲になります。役割や立ち位置もさまざまなPMOには、プロジェクトを成功に導くために以下のような適性が必要になります。

 ・役員やPM、様々な人とコミュニケーションをとり考えを汲み取る姿勢をもっている
 ・プロジェクト成功のために必要なことを考えている
 ・管理は手段と割り切っており、管理情報だけでは全て見えないと知っている
 ・「現場」に対する理解がある

1. 支援型Ⅰ

(1) プロジェクト要員(チームリーダからメンバーまで)ともコミュニケーションをとり、進捗から問題点の吸い上げまで行い、改善を考える

(2) 必要があればPMにも報告し指示を仰ぐ

2. 支援型Ⅱ

(1)プロジェクト要員(チームリーダーからメンバーまで)ともコミュニケーションをとり、進捗から問題点の吸い上げまで行い、改善を考える。
(2)PMに報告し作業指示を仰ぐ。
(3)役員向けの資料を作成し、PMに報告。(必要があれば役員報告も作成)

3. 教育型

役員からPMに対する要望をヒアリングする。要望からPMへの教育サポートを実施する。

4. 保守横断型

プロジェクトごとに、複数のPM、複数のチームを担当(保守系に多く見られる形態)
プロジェクトAに関連するPMやスタッフに対して、進捗・課題などの管理を行う
プロジェクトB(プロジェクトAと同様)

5. PMサポート型

PMにヒアリングをして、業務を可視化するなど、PMの担当業務を巻き取る。PMがマネジメントに集中できるようにサポート。

PMOのレベル・役割

PMO LEVELS

三つのレベル

Icon 1

PMO事務局

開発知識
IT用語
マネジメント知識
Excel関数
ExcelVBA

Icon 2

管理PMO

計画書策定
PMBOKの知識
各種管理支援

Icon 3

上級PMO

豊富な開発経験
折衝力
ベンダーコントロール
リスク回避・予見
社員代替・ユーザー代替

PMOに求められるスキル

 

PMOのレベルや型式により、求められるスキルは異なりますが、ビジネススキルにおける文書作成能力及びコミュニケーション能力はどんなPMOにも真っ先に求められます。WordやExcel、PowerPointなどを問題なく使用できることは当然ながら、誰もが見やすく、使いやすい文書の作成が大事である。また、PMよりもメンバー個々の状況を把握し、各利害関係者の橋渡しや状況把握など、総合的なコミュニケーション能力が試されます。

 

その他、業務基本スキルにおけるIT開発知識や各業界に対する理解も、プロジェクトを推進する上で必要不可欠とされます。

 

さらに、上級PMOであればあるほど、PMと同程度のプロジェクトマネジメント知識が必須となってきます。

PMOのスキルマップ

PMOが用いる各種管理と作業

プロジェクトの流れと関係者の役割

PMOの導入について

BSLはプロジェクトの成功をPMOで実現します

BSLのPMO

BSLのPMOは豊富なプロジェクト経験及び、 社内でのプロジェクト連携による多くのプロジェクトの知識を 豊富に持っておりプロジェクトの成功の ために、プロジェクトマネージャーを あらゆる面からサポートすることが可能です。

お客様の声

「社内にはプロジェクトを推進するための知見を持つ人がいない」
「人員も推進するリーダーも足りない」

BSLはプロジェクトの立ち上げ〜成功へと各フェーズごとに導きます。

プロジェクト立ち上げサポート

・マーケティング
・現行調査
・システム計画書作成
・RFP(提案依頼書)作成
・プロジェクト憲章の作成
・ステークホルダーの特定

要件定義〜テスト、保守・運用

・進捗管理
・課題管理、QA管理
・品質管理
・仕様変更

KEY FEATURES

BSLのPMOの特徴

コミュニケーション

一人一人が「傾聴力」や「質問力」、
「信頼関係構築力」など高い
コミュニケーション能力を持ち、
円滑にプロジェクトを進めます。

顧客志向

お客様に寄り添うことで、
潜在的なニーズまでも汲み取り、
より良い品質を達成し、
お客様満足度の向上を追求します。

チームワーク

社内外で各種イベントが多く、
社員同士の交流が盛んです。
各々が現場情報を共有することで、
様々なノウハウを獲得できます。