スタッフインタビュー

M部長(2013年度中途入社)

入社前は接客業や営業事務等、IT業界とは全く別の業界で仕事を行っていました。IT業界のIの字も知らないような私でしたが、新しい業界で新しいスキルを身につけたい!と思った事が入社のきっかけでした。

私が配属されたプロジェクトは、大手カード会社様の新基幹システム統合プロジェクトでした。参画当初に行ったのは、プログラム開発や障害修正が予定通り行われているのかを確認する進捗管理でした。資料上の管理だけではなく、実際に開発をしている人達とのコミュニケーションを通して、開発状況や、遅延に繋がる要素をヒアリングしていく事が重要だということを学ぶことができました。

進捗管理を一通り経験したのち、お客様への会議へ参加し、議事録作成や報告資料の作成の経験を積みました。会議へ参加することで、お客様が何の報告を必要としているのかを知ることができ、資料作成のスキルやお客様観点も身につけることができました。

徐々に経験を積むことで、自分だけではなく、チームとしての仕事を任せてもらえるようになります。自分だけではなく、チームとして成果を出すことで、より一層仕事への責任感ややりがいを持ち仕事に取組むことができました。

新しい業界に飛び込むことは勇気のいることですが、自分の可能性を広げたり、今以上のやりがいを持ち仕事に取り組んだりすることができます。BSLでは、皆さんのその成長を手助けする環境もしっかり整っています。私達と一緒に成長していきましょう!

I主任(2018年度中途入社)

私はIT業界を含め複数業界で総務や営業を経験したのち、入社いたしました。

現在の参画先は、RPAによる働き方改革プロジェクトの現場です。
そこではお客様が1日かけていたルーティン作業を、RPA(業務自動化ロボット)を活用し、時間短縮・効率化していくことが私の仕事です。

お客様からはルーティン作業から解放され、よりクリエイティブな仕事に注力できるので、「仕事が楽になった」「ルーティン作業による残業が減った」などRPAによって単純作業が減ることで、働きやすくなったというお声をいただけることが、非常にうれしいです。

BSLでは参画先での業務経験以外にも研修や自己研鑽、資格取得などにみんなで励んでおり、自然とモチベーションも上がり切磋琢磨しあうことで、日々成長できることが魅力です。

お客様はIT業界以外も多く、他業界の経験が活かせます。
入社後、参画先配属後も成長出るように、会社から支援してもらえる環境があるので業界未経験でも大丈夫です。

そういった環境に身を置くことで入社1年後には別人のように成長した自分に出会えることと思います。自分の殻を破りたい方、大いに歓迎です。


Oさん(2018年度新卒入社)

大学では教育学部を専攻し、小学校の教諭資格を取得しました。しかし、元々IT業界に興味があり、たまたま友人と参加した会社説明会で井上社長のスピーチを聞き、ITでかつ、マネジメントをする、という事業内容に惹かれ入社いたしました。

最初の参画先では、庶務・事務要員として参画し、申請書の作成、端末備品の管理、勤怠管理などの業務を行っています。そこから徐々にPMOとして、会議招集や議事録、アジェンダの作成、工数管理などの業務も任せられるようになり自分の成長を感じています。

自分の長所であるフットワークの軽さや柔軟なコミュニケーションスキルを活かし、プロジェクトを円滑に進めることで、お客様またはプロジェクトリーダー、プロジェクトメンバー方々からお褒めの言葉をいただけたときは、お客様の満足度を少しずつ上げることができていることが実感できたときは非常に嬉しく感じています。

BSLでは1つのプロジェクトではなくて、様々な業種のプロジェクトに参画できるので、多くの経験を積むことができます。様々な事に挑戦したい方にはとても良い環境だと思います。
ワンステップ先に進みたいという方、共に切磋琢磨し成長していきましょう。